チョコベリーの暮らしをちょっと豊かにするブログ

私がためになったこと、お知らせしたいなと思ったことを書いています。お読みになった方に少しでもプラスになることがあれば嬉しいです。

美味しい砂糖の影響を実感!おすすめ映画「あまくない砂糖の話」

「あまくない砂糖の話」という映画をご存じでしょうか?

経済評論家の勝間和代さんがおすすめしていたので、どんな映画か興味を持ち、見てみたところ、かなり衝撃を受けました。

あまくない砂糖の話(字幕版)
 

食生活は、人の健康=人生に関わります。
食事は、自分だけでなく、家族、子供に関わる大切なもの。
この映画を見ることで、食事に対する見方が変わり、あなたの健康に一役買うこと間違いなし!
是非一度見てみて欲しい、おすすめの映画です。

ストーリーは、砂糖を取らない健康的な生活をしていた男性が、実験のために砂糖を取る生活を2ヶ月継続し、体の変化をまとめた、ドキュメンタリー映画です。

オーストラリア人の1日平均の砂糖摂取量は、なんとティースプーン40杯。
主人公の男性は、この量を2ヶ月継続して摂取することにしました。
食べるものは基本的に健康的な食事とし、チョコレートやスナックは食べません。

それで1日ティースプーン40杯も砂糖がとれるの?とお思いでしょう。
私もそう思いました。
しかし、意外と健康的とされる食事には砂糖が含まれているんです。
例えば朝食にシリアル、加糖ヨーグルト、ジュースを摂取しただけであっという間に20杯もの砂糖を摂取できます。

毎食、毎食、律儀に成分表を確認し、砂糖の量を換算する主人公の男性には脱帽です・・・。
栄養士などの専門家もついて、血液検査といった検査も定期的に行い、変化を確認しました。

その結果、以前と比べて総摂取カロリーは同じなのに、体重が増え、おなか周りのお肉が増え、集中力もなくなるという身体的・精神的な変化が確認できました。

合間合間に、専門家の説明が入るのですが、ユニークな形で説明が入るので、見ていて飽きることがありませんでした。

先日読んだ「フード・トラップ」の著者マイケル・モスさんも出演されていました。

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

 

砂糖をたっぷり含んだ商品を販売しているのは、企業です。
本来であれば、人々に食事について教育をすれば、食べ過ぎを防ぐことができます。
しかし、企業は売り上げが落ちてしまうため、人々に教育をするということはありません。
この本は、企業の強欲さを訴える本になっているのですが、映画もそうでした。

この映画をみて、まったく砂糖をとらないとまではいかなくても、以前よりも控えるようになりました。

子どもはスナック菓子を食べる習慣がついてしまっているので、完全に絶つことは難しそうなのですが、おやつのお変わりをねだられるたびに、「砂糖のとりすぎは体に良くないんだよ。それよりも、お野菜やお食事のほうが体にいいんだよ~」と伝えるようになりました。

やっぱり、健康が一番!
体を作る食品について、考えていきたいですね。

あまくない砂糖の話(字幕版)