チョコベリーの暮らしをちょっと豊かにするブログ

私がためになったこと、お知らせしたいなと思ったことを書いています。お読みになった方に少しでもプラスになることがあれば嬉しいです。

家計簿の簡単管理!「めんどくさい」から行動を変えよう。

こんにちは、チョコベリーです。

「これ、めんどくさいなあ・・・。」
2年前、そう認識したことがあります。
それは、家計簿です。

当時の私は、年末になると本屋さんでいつもの家計簿を買い、手書きをしていました。
買い物をするとレシートの内容を書き込み、通帳を見ては引き落とされた金額を書き込み、1年たったら家計簿に書かれた数字を電卓で足しあげて、年間の欄に書き込む。
で、年間の足し算も誤りがないか2回チェック。
間違っていたら、もう一回計算。
・・・これって、すごく面倒じゃない?エクセルとか使えばあっという間に終わるのでは?
そう気づきました。

そこで、アプリを使ってみることにしました。
エクセル自作も考え、作ってみたのですが、とても時間がかかると断念。
アプリをいくつか試し、Zaimというアプリを使ってみることにしました。
スマホを使って簡単に入力できるので、家計簿に書くよりも記入がかなり楽になりました!

しかし、また問題発生です。
1年たち、年間の支出をまとめようと思ったとき、保育料などの銀行引き落としやAmazonで購入したクレカ払いの金額など、アプリに反映されていない支出を手入力しなければならなくなりました。
そう、私の場合、領収書という紙で手元に残るものは、たまってくるのを整理するためにアプリ手入力できていたのですが、領収書が手元にない支出については、記録されない仕組みになっていたのです。

・・・うーん、これも面倒くさい。なんとかならないものか。

そこで、マネーフォワードを使ってみることにしました。

以前から、銀行や電子マネーなどと連携できると知り合いから教えてもらっていたのですが、使っていなかったのです。
理由は、金融情報を入力した後、情報流出がおきたりしないか、セキュリティが不安だったからです。
また、マネーフォワードは積極的にアクションをおこしている会社だと思っていますが、現在会社としては赤字なので、経営状況に不安がありました。

でも、使ってみよう!と気持ちが切り替わりました。
セキュリティに関する不安は、マネーフォワードのHPを読んだのをきっかけに和らぎました。
そこには、「原則、入出金に必要なパスワードを預からないので「振込・入金・取引」などの操作は一切行いません。クレジットカード番号も預かりません。」と書いてあったのです。
すべてが万全ということは何事もあり得ないと思うのですが、むやみに不正利用されることはなさそうだなと感じました。
そして、私自身、今SBI証券の積立投資で自動銀行引き落としサービスを使っているのですが、これが長く問題なく使えているので、連携をもっと信頼してもよいのではと思えたんです。
また、会社の経営に関する不安は、知り合いの何名かの方が利用されていたことから和らいできました。
何か問題があったら移動しようと気持ちを切り替えて、まずは使ってみることにしました。

さて、早速マネーフォワードにログインし、各銀行、証券、クレカ会社と連携です。
無料会員だと、10行まで連携できるそうです。
で、びっくり!!
あっという間に先月の利用状況、積み立て状況が表示されたのです。
資産の計算もあっという間。
手入力していたのはなんだったのか・・・。

こんなに便利なサービスも、無料会員だと1年間しか保存されないそうです。
有料会員だと、無期限で保存してくれるとのこと。
料金は月額500円✕12ヶ月=6000円です。
無料会員でも、入力内容はダウンロードできるそうなので、入力した分をダウンロードして管理すればよさそうです。
でも、その手間さえも惜しむならば、有料会員になったほうがいいですよね。
とりあえず、マネーフォワードに登録して、連携してみたので、行動としては1歩前進!
使いながら考えてみたいと思います。

マネーフォワードを紹介してくださった方に、感謝です(^^)
家計簿がめんどくさーい!と感じている方、是非、家計簿アプリを試してみてくださいね。