チョコベリーの暮らしをちょっと豊かにするブログ

私がためになったこと、お知らせしたいなと思ったことを書いています。お読みになった方に少しでもプラスになることがあれば嬉しいです。

読書管理に便利な「読書メーター」!2016年のまとめ

 みなさんは、読書をしたら記録をつけていますか?

私は昔、ノートに書いていましたが、だんだんと書く時間がなくなってしまい、記録をやめてしまいました。
すると、どんな本を読んだのか、意外と忘れてしまうんですよね(^^;)
あー、なんか読んだことあるんだけど、どんな内容だったっけ・・・?
そう思うこともしばしば。
みなさんも、そんな経験ありませんか?

そこで私は、昨年から、読書メーターというサイトを利用しはじめました。

読書メーター

ここに、読んだ本を登録し、感想をメモすることで、過去にどんな本を読んだか簡単に確認できるようになりました。
すごく便利です!

この読書メーターに、「まとめ機能」があることを最近知りました。
1年間に読んだ本と感想を、ブログ等にまとめてはりつけることができるという機能です。
これを使ってブログにまとめておくと、後で1年を振り返るのに、とても便利そうだなと思いました。
というわけで、使ってみたいと思います♪

2017年は、あと少し残っているので、まずは昨年2016年分をブログにまとめておくことにしました。
2017年分のまとめについては、2018年を迎えてから作成しようと思います(^^)
お楽しみに!

さて、せっかくまとめるので、おすすめの本を「1.おすすめ本」として上にまとめておきました。
感想を書いた本は、感想もあわせて記載しておきますので、よろしければ参考になさってくださいね(^^)

2016年の読書メーター
読んだ本の数:25

1.おすすめ本
無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法の感想
おすすめ本。自分にとって気づきとなったのは以下の言葉。1、勉強で大切なのは、仕組み作り。2、学んだことは、自分の言葉でアウトプットすることで、本当にわかっているかかわかる。インプットとアウトプットに時間を半分ずつ使う。3、道具で大事なのは、値段の絶対額ではなく、どれだけ使い倒したか。4、耳での勉強は、仕事や家事をしながら時間を有効活用できる。
読了日:02月23日 著者:勝間和代


効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法 の感想
おすすめ本。Give5乗の法則とは、自分から情報を出すほど周りから情報がくるものと定義されていて、納得。実践したいです。GoogleGmailが便利と紹介されていて、使ってみたら本当に便利だった(笑)。頭と健康にいい食生活を心がけられていて、「健康でいれば大概幸せ」に共感。月に15万も本を購入しているのにびっくり!著者が何年もかけて培った情報を数千円で交換できるのは安いとのこと。見習って読書が増えました。
読了日:03月10日 著者:勝間 和代


働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)の感想
おすすめ本。仕事が好きで、長時間労働していた筆者が、「働く」をとらえなおして定時退社経営者となり、パートナー、家族、地域社会とのつながりを深める生き方を実現していく話。仕事を定時で終わらせ、かつ成果をあげるための取り組みが具体的で、様々な会社において参考になると思う。「働き方を変えたいなら、新しい自己イメージをもつこと。」「目標は必ず言語化し、繰り返し見て、自分自身に刷り込むこと。」が参考になり、実践したい。長時間労働社会から、充実した社会にシフトするために、たくさんの人に読んでもらいたい1冊。
読了日:11月05日 著者:駒崎 弘樹


赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない。赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない。の感想
ハフィントンポスト日本版に転載されて17万いいね!を記録したブログの書籍化。表紙の写真が可愛いと思ったが、飲み口についているのはまち針。日本社会での子育てはきびしいということを表している。自主保育NPO活動、共同保育所など著者が自ら取材した保育事業は、こんな事業があるのかと参考になった。子育てを中心としたコミュニティ形成をしよう、という著者の訴えに共感。赤ちゃんが増えず人口が減っていくことは、社会にとってマイナスの事態をもたらす。17万いいね!を記録したブログも、多くの人に読んでほしい。
読了日:10月31日 著者:境 治

 
こうして、思考は現実になるこうして、思考は現実になるの感想
オーディオ・ブックで読了。タイトル通り、思考は現実になるよ、というお話。このような本はすでにあると思うが、実際に自分が体験できることが用意されているところが、他の本にない新しい部分だと思った。宇宙の神様にお願いすることによって実現化していくので、ちょっと信仰的・宗教的な話ではある。しかし、私自身がそういう部分を少し信じているので、ある程度納得できた。実際にやってみると、すぐに効果があってびっくりすることもあれば、何も効果がないこともあった。落ち込んでいるときは、再読することで元気がもらえそう。
読了日:04月21日 著者:パム・グラウト


夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウの感想
オーディオ・ブックで読了。おすすめ本。自分を変えたいがなかなか変えられない会社員の青年が、なぜか大阪弁のインドの神ガネーシャ(象)との会話を通じて成長する話。ガネーシャが偉人を「くん」づけして紹介するのが面白い。すごくためになり、実用的な話ばかりなのに、ところどころに笑いがふくまれているのがすごい。自分にできる課題を少しずつ習慣化していきたい。
読了日:09月18日 著者:水野 敬也


仕事は楽しいかね?仕事は楽しいかね?の感想
オーディオ・ブックで読了。おすすめ本。仕事に希望をもてない会社員の男性と、発明家・実業家である裕福な老人の会話を通して、仕事で成功するためのノウハウを教えてくれる。私が印象に残ったのは、「変え続けなければならない」。今まで私は、現状がよければ維持すればよいと思っていた。しかし、男性がコピー会社を始めたものの、何も変えなかったので、他社に追い越されて倒産したというエピソードから、変え続けることの重要性を心から理解できた。自分自身も変え続けるということを意識していきたい。
読了日:08月30日 著者:デイル ドーテン

 
なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるの感想
MicrosoftプログラマWindows95IEなどの開発を手がけた著者の時間術。印象に残ったのは、スラック(余裕)をもつということ。なんでも予想外のことは起こりうるので、実践していきたい。著者が主張するロケットスタートやプロトタイプの重要性は共感した。最後までたどり着くための知識が必要だし、見積もりが正確にできることが必要だと思うので、すべてに対して実践することは難しいが、できるところからやってみたい。ドラゴンボール界王拳の例は、こんなイメージをもつんだなと面白かった。
読了日:11月27日 著者:中島聡


政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ (増補改訂版)政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ (増補改訂版)の感想
オーディオ・ブックで読了。おすすめ本。米英は応援したい人にお金がなければお金をだし、休日にはボランティアで応援するというエピソードから、日本の政治の関心のなさに愕然としました。よりよい国にするためにも、多くの人が政治に関心を持つべきだと思いました。
読了日:07月13日 著者:池上彰


ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすことにある。ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすことにある。の感想
この本の副題である「あなたの人生の源は、ワクワクすることにある」が、著者がこの本で伝えたかったことなのだと思う。どれだけ人生にバランスがとれているかというテストがあり、これを行うことで、自分の人生を客観的にみることができた。出版社のHPで、ネット上で採点できるサイトがあるので、これを使うと採点が早いと思う。ワクワクの書き出しをやってみたが、意外にあまりでてこなくて、そのことに若干ショックを受けた。自分自身のワクワクは何かを考えながら生活し、見つけたらそれを生かす方法を考えていきたい。
読了日:10月24日 著者:マイク・マクマナス

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~の感想
オーディオ・ブックで読了。アメリカ人の著者が、フランスでホームステイしたときの暮らしの話。服だけでなく、暮らし全体に関するアドバイスがあった。いらない服はどんどん捨て、今の自分にあった気に入っている服を残す。高いものを普段使いにする。質の良さにこだわる。家事に自分なりの工夫をして喜びを見つける。そして、私が特に意識したいと思ったのは二点。①こんなことをしている暇があったら、あれもこれもできるのに、と考えないこと。②家族とのかけがえのない時間を大切にする、ということ。豊かに過ごす生活を目指したい。
読了日:08月10日 著者:ジェニファー・L・スコット

 

2.読んだ本
人の心を一瞬でつかむ方法―人を惹きつけて離さない「強さ」と「温かさ」の心理学人の心を一瞬でつかむ方法―人を惹きつけて離さない「強さ」と「温かさ」の心理学の感想
いろいろな有名な方を例に、「強さ」と「温かさ」の重要性について説明されている。有名な方は外国の方なので、ちょっとイメージしにくい場合もあった。見た目という非言語コミュニケーションの重要性について納得。また男性が子を持ち父親になると温かみが増し、強さもマイナスにならないが、女性が子供をもつと温かみが増すもののキャリアウーマンとしてはマイナスという話に、そういう傾向があるなと共感した。ステレオタイプな考え方が変わっていくとよいなと思った。
読了日:12月23日 著者:ジョン ネフィンジャー,マシュー コフート


起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術 の感想
勝間さんの本で、タイトルに惹かれて読んだが、中身は他の本と比べると少しわかりにくかった。 「子供に怒ってもしょうがない」と思えるまで10年以上かかった、という言葉は、育児中の私にとって励みになった(笑)。 また、「SMART」で叶える(Specific具体的、Measurable測定可能、Achievable達成可能、Result-otiented結果重視 Time-bound期限付き)が参考になった。自分が達成したい人生のミッション・ステートメントを書き込み、意識することは大切なことだと再認識できた。
読了日:12月12日 著者:勝間 和代


ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくの感想
堀江さんの幼少時代や家庭環境がつづられていて、人となりをより知ることができた。印象に残ったのが、東大合格にむけた英語の勉強方法。俳優さんが台本を覚えるように、単語帳を1日2ページすべてを暗記したとのこと。また、貯金という行為は頭を使う必要がないが、投資となれば頭を使わざるをえないので、貯金を推奨する人たちは面倒なことを考えたくないだけという話はもっともだなあと思った。どんな仕事にもやりがいはあり、やりがいは見つけるものではなく、自らの手でつくるものという言葉に共感。
読了日:10月20日 著者:堀江 貴文


海賊とよばれた男 上海賊とよばれた男 の感想
石油に関するお話と知って驚いた。主人公の国岡鐡造の実直な精神が素晴らしい。応援してくれた日田さんもまた、素晴らしい人物だと思った。
読了日:12月09日 著者:百田 尚樹

 
噛み合わせが人生を変える (小学館101新書)噛み合わせが人生を変える (小学館101新書)の感想
噛み合わせは大切という話。高齢者に向けたお話が多くありました。義歯でも、噛み合わせがあっていれば健康で長生きできるとのこと。口内環境を綺麗にしておくことや噛む習慣が大切というお話もありました。歯磨きの習慣を続け、30回噛むことを意識しようと思いました。
 読了日:08月24日 著者:日本顎咬合学会

 
走りながら考える走りながら考えるの感想
オーディオ・ブックで読了。スポーツ選手でありながら、文章力にびっくり。生きる力について教えてもらった。
読了日:06月26日 著者:為末 大


青天の霹靂青天の霹靂の感想
オーディオ・ブックで読了。途中で先が読めてしまうところもあったけど、全体として面白かった。手品師が主人公というのは、めずらしいのではないかなと思った。機会があれば、映画も見てみたい。
読了日:05月21日 著者:劇団ひとり


スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫の感想
勝間さんのおすすめ本だったので選んだけれど、あまり印象に残らなかった。様々な成功者の体験談が書かれている。
読了日:03月01日 著者:サミュエル スマイルズ


スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)
読了日:11月11日 著者:ケリー・マクゴニガル

 


スタンフォードのストレスを力に変える教科書スタンフォードのストレスを力に変える教科書
読了日:11月04日 著者:ケリー・マクゴニガル

 


和田裕美の運命の仕事に出会う本和田裕美の運命の仕事に出会う本
読了日:10月21日 著者:和田 裕美

 


おうちで学べるネットワークのきほんおうちで学べるネットワークのきほん
読了日:03月20日 著者:Gene

 


強火をやめると、誰でも料理がうまくなる! (講談社+α文庫)強火をやめると、誰でも料理がうまくなる! (講談社+α文庫)
読了日:03月14日 著者:水島 弘史

 

本の感想を記録をすると、どんな本を読んだか振り返れますし、内容も思い出せるので、とってもおすすめです。

是非、お試しくださいね(^^)