読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocoberry's Garden  ~暮らしをちょっと豊かにするブログ~

私がためになったこと、お知らせしたいなと思ったことを書いています。お読みになった方に少しでもプラスになることがあれば嬉しいです。

子育て世代こそ、投票に行こう!

 
最近、待機児童の問題をきっかけに、子育て支援についてよく考えるようになりました。

 


日本は少子高齢化が進み、女性の労働力が必要になっています。
小さな子供がいる場合は、どこかに預けなければ働けません。


しかし、都市部では保育園が足りません。
保育園が足りないことの理由の一つは、保育士不足といわれていますね。
全産業の平均と比べて10万ほど給与が低いため、保育士の資格をもっていながらも保育士にならない方が多いそうです。
(公立の保育士は高い給与が維持されていますが、私立の保育士の給与が低いそうです。)
保育士の給与は国の補助で決まります。つまり、税金ですね。


日本の予算は、年金が57兆円、医療費は38兆円、子育て支援は6兆円だそうです。
随分と差があると思いませんか?
参考:厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000128232.pdf


日本は高齢化で、今後さらに医療と介護の支出が増えていきます。
高齢者福祉も大切だけど、さらに子育て支援が緊急で必要だと思います。
税・社会保険料を納めてくれる世代がいないと、日本は衰退するばかりだからです。
これからの子供たちの未来が苦しいものになります。


どうして高齢者重視の政策になっているのでしょうか?
理由は、高齢者が選挙にいくからです。
政治家は票がとれる政策をうつので、選挙に行き、政治に対して不平不満をいう高齢者に対して優しい政治になるのだそうです。


解決のために、なにができるでしょうか。
まず私にできることは、子育て支援に力を入れている人をチェックして、選挙でその人に投票する、かな~と思います。
この「子育て支援に力を入れている人をチェック」が、どの情報が正しいのか判断が難しかったり、面倒だったり(あ、いっちゃった(^-^;)するのですが、出来る範囲でしっかりやらなくてはならないな、と思います。


子育て支援は、成長戦略。」
これは、病児保育を実施しているフローレンス代表の駒崎弘樹さんがおっしゃっていた言葉です。
子育て支援の財源はどうしたらよいの?に対して、相続税高所得者配偶者控除撤廃を解決策として提言されています。
これからの日本にとって、すごくためになる提言をされていると思いました。是非ご一読ください(^^)
http://www.komazaki.net/activity/2016/05/004799.html


それから、画像は子育てに関する動画からいただきました。
民進党支持者ではありませんが、すごくわかりやすい動画ですので、是非ご覧ください。
1分半くらいです(^^)
https://www.youtube.com/watch?v=uGlRjKKzRXI