読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocoberry's Garden  ~暮らしをちょっと豊かにするブログ~

私がためになったこと、お知らせしたいなと思ったことを書いています。お読みになった方に少しでもプラスになることがあれば嬉しいです。

効率が10倍アップする新・知的生産術(勝間和代)

 

あまり魅かれないタイトルだったのですが(笑)、勝間さんの本なので、なにか参考になることがあるかな、と読んでみました。

読んでみると、以前読んだ本より、さらに具体的な道具、その使い方が書かれていました。こんなに詳しく!と驚くほどです。特に勝間さんの得意分野であるITに関するおすすめの使い方が、具体的に説明されていたのが印象的でした。

 「今日の小さな行動から明日が変わる」

勝間さんは、常にほんの少しの習慣の差が、数年単位、数十年単位では大きな違いになるため、実際に行動してこそ意味がある、とおっしゃっています。

本を読んで、印象に残ったことは以下の6つです。

①Give5乗の法則

自分から情報を出せば出すほど、不思議なほど周りの人が情報をくれるようになる。これを「Give5乗の法則」(Give×Give×Give×Give×Give)と呼んでいます、という話がありました。

これには納得。確かに情報を発信してくれる人には、何か返したいと思います。情報を入手するだけでなく、有益な情報を惜しみなく発信する、ということを実践していきたいと思いました。

②グーグルのメールサービス「Gmail

勝間さんが愛用しているITのツールがいろいろ紹介されており、その中でグーグルのメールサービス「Gmail」を使っているという話がありました。

私は今までMSのOutlookHotmail)を使っていたのですが、検索がうまくできない、スマホでの送信ができない(←設定の問題?(笑))など不便に思う点があり、この機会にGmailに変えてみました。

使ってみると・・・便利!検索も送信もできて、ほかにも使いやすい機能があり、私にとっては、すごく使い勝手がよくなりました。

③頭と健康にいい食生活を心がけること。

勝間さんは経済評論家ということで、いろいろTVに出演されているから、美味しいもの=高カロリー食を毎日食べているんだろうと勝手に思っていました。しかし、実際はすごく健康を気遣った食生活をされていて、驚きました。

具体的には、こんな感じ。
・加工度の高いものは食べない。自然に近いもの、野菜、果物、豆類、玄米、黒砂糖などを多く摂取する。
・白いもの(白米、白砂糖、白いパン)、動物性タンパク質(牛肉、マグロ、バターなど)は極力控える。

このような食生活を送る理由は、私たちの食べたものが私たちの体を作り、頭を作るのだから、食生活の良しあしが知的生産性にも響くため、とのこと。

先日、勝間さんがある番組に出演されていて、「健康であれば大概、幸せでいられる」とおっしゃっていました。

全くその通り!まずは健康が第一、と思いました。そこで、私もちょっと食べる物を考えるようになりました。運動も増やしていきたいです。

④たくさんの情報から共通点を見つけ、自分に生かせる情報の本質を見出すこと。

これを勝間さんは「フレームワーク力」とおっしゃっています。フレームワークの身近な例としては、新聞があります。新聞は、一定の並び方の枠組みに従って紙面に編集されています。このようにすることで、効率的に情報を手に入れることができます。

情報をフレームワークに当てはめるという考え方は、人に情報を伝えるときに有効だと思いました。フレームワークには様々な種類があるようですが、具体的にどのような形式があるのか理解できていないので、意識していきたいと思いました。

⑤自分の価値を見いだせないものは捨てる。

「Not to do list」、すなわち、やってはいけないことリストを作って、捨てる技術を磨こう、という話がありました。なんでもやろうとするのではなく、必要なことを絞り、やらないことを決める、ということも有効な方法だと学びました。

⑥本を読むこと。

勝間さんは月15万、本を買っているとのこと。びっくり!!!

本は、著者が何年も、何十年もかけて培った情報を数千円で交換させてくれるため、本ほど効率的で安価なものはない、とのことでした。

なるほど、と思える部分があり、私ももっと本を読もうと思い、実践しています。

勝間さんは、本はぱっぱっと読む、線引き、まとめ書きなどは時間がかかるのでしない、ということを推奨していました。

これを実践しようとしましたが、私には無理がありました(汗)。これは、勝間さんがフォトリーディングという速読法を身につけてらっしゃるからこそ、できることではと思います。

フォトリーディングという速読法は、興味をもったので、機会があればやってみたいです。受講費が結構高いのですが、本当にものになるなら費用対効果は高いのでは、と思います。