チョコベリーの暮らしをちょっと豊かにするブログ

私がためになったこと、お知らせしたいなと思ったことを書いています。お読みになった方に少しでもプラスになることがあれば嬉しいです。

簡単にクリア!苦手なことをゲームにしてみよう

こんにちは、チョコベリーです。

4月を迎え、長男も小学校1年生になりました!
入学前から学童保育に通い始めましたが、先生に挨拶ができません。
「お帰りの時は「さようなら」といおうね」と話しているのですが、できないのです。

長男によると、理由は「怖いから」。
「怖い?恥ずかしいじゃないの?」と聞いても、答えは「怖いから」。
挨拶はとても大切だと思っているので、どうしたものかと、いろいろ声かけしてみました。

①「挨拶する子は、いい子だな~って思われるんだよ。挨拶しない子は、できない子だな~って思われちゃうんだよ。○○(長男)はいい子なのに、挨拶しないからできない子って思われたらもったいないよ!」 → 効果なし

②「「いやだ!」とかは大きな声でいえるでしょ。「さようなら」も大きな声でいってみよう!」 → 効果なし

③「○○(長男)はもう小学校1年生になるんだよ。しっかり挨拶できないと、恥ずかしいよ。」 → 効果なし

近所のお隣さんには「こんにちは!」と挨拶する長男。
絶対挨拶できるのに、何か意地になって、挨拶なんかできないと決めつけているように思えました。
できるようになるまで気長に待とうかとも思いましたが、できるはずなのだから、なんとか挨拶してほしい。

そう考えていたところ、思いつきました。
長男はテレビゲームが大好き。
挨拶もゲームにしてしまおう。

長男に提案しました。
「ねえねえ、挨拶ゲームしない?
先生に挨拶するのが怖い、という気持ちが、敵ね。
これをやっつけて、ちゃんと聞こえる声で挨拶できたら、1ポイントもらえます。
今週は学童が4日あるから、4ポイントゲットできたら、入浴剤のプレゼントがもらえます。(←長男がほしがっていたおもちゃ付きの子供用入浴剤)」

すると、乗り気になった長男。
「できた日は、カレンダーに「クリア」って書かない?」
「僕、6ポイントがほしい」(←なぜ?(^^;))
など、自らルールの追加を提案してきました。

そして、無事、次の日は学童の先生に「さようなら」と挨拶できました!
ゲームの威力、すごい!

苦手なことをゲームにしてみることの効果を実感しました。
もし、お子さんが何か苦手なことがあったら、ゲームを取り入れてみること、おすすめです(^^)

そして、長男が一言。
「1日挨拶できたら、それで6ポイントゲットできることにしない?」
そんなルール改定は認められません!(笑)